主な著作物など

 大学在職中に執筆した論文や書誌だけでなく、過去のNGO活動の中で執筆または制作した以下のような著作物を掲載します。各項目をクリックするとそれぞれのサイトに移動します。

    著書(共編著)
    著書(分担執筆など)
    研究論文
    翻訳/書評/事典・用語集
    教材・資料集
    報告書
    書誌原稿(各団体の会報や広報誌などに寄稿したもの)
    講演/ワークショップ/座談会など(を元に編集公刊されたもの)

地球のことば(9)

 鳥がまた帰ってくると、ああ春がきたな、と思う。でも、あさ早く起きても、鳥の鳴き声がしない。それでいて、春だけがやってくる。
―――アメリカでは、こんなことが珍しくなくなってきた。今まではいろんな鳥が鳴いていたのに、急に鳴き声が消え、目をたのしませ色とりどりの鳥の姿も消えた。突然のことだった。知らぬ間に、そうなってしまっていたのだ。

レイチェル・カーソン(Rachel Carson 生物学者・米国 1907-1964)
出典:レイチェル・カーソン『沈黙の春』新装版、青樹簗一(訳)、新潮社、1987年、90頁。旧版『生と死の妙薬』新潮社、1964年、90頁。The original: Rachel Carson, Silent Spring, Boston: Houghton Mifflin Company, 1962.