【参加者募集】d-lab2020(第40回開発教育全国研究集会)

▼d-lab2022(第40回開発教育全国研究集会)
・日時:2022年8月5・6・7日(金・土・日)
・会場:オンライン(ZOOMを使用します )
・参加費:一般¥6,000、DEAR会員¥3,000、学生¥2,000、高校生以下¥1,000
※新入会の方は参加費が半額の\3,000となります

▼1日目:5日(金)のプログラム
http://www.dear.or.jp/event/d-lab2022/9806/
◎開会式/オリエンテーション
◎全体会「変革に向けた学習をめざして―教育観の転換を考える」
ゲスト:奈須 正裕(上智大学総合人間科学部教授)、近藤 牧子(DEAR副代表理事) 

▼2日目:6日(土)のプログラム
http://www.dear.or.jp/event/d-lab2022/9811/
◎自主ラウンドテーブル/実践事例・研究報告(公募企画)
【自主ラウンドテーブル(5コマ)】 
・あまいバナナの苦いお話
・中高生向けジェンダー教育ワークショップ
・「18歳成人年齢引き下げ」に関するワークショップ
・学校給食と地域の未来 教育の場がつなぐ食と農
・コンビナートと公害と脱炭素
【実践事例・研究報告(2コマ)】
・「世界の子どもたちとSDGs」授業の実践
・「子どもの権利と多様性」授業の実践
◎分科会(3コマ)
・第1分科会 おとなのアクティブシティズンシップと開発教育―おとなが変わらなければ世界は変わらない
・第2分科会 SDGs Hop,Step,Jump!~SDGsの学びの深め方を話し合おう!~
・第3分科会 「沖縄移民」に見る人の移動~送り出し国と、受け入れ国、そして世界に広がるつながりを考える~
◎交流会(自由参加)

▼3日目:7日(日)のプログラム
http://www.dear.or.jp/event/d-lab2022/9815/
◎自主ラウンドテーブル/実践事例・研究報告(公募企画)
【自主ラウンドテーブル(6コマ)】
・子どもの権利、学校で教えてる? 教材づくりトーク
・公正な災害支援に関するリフレクションを考えよう
・地球家族シリーズをとことん活用する。
・「世界の子ども権利かるた」で子どもの権利を学ぼう!
・読み開く社会科
・トランセンド法による紛争解決 ~校庭争いからウクライナ武力紛争まで~
◎分科会(3コマ)
・第4分科会 『パーム油のはなし』発行から20年 プランテーション開発の今とこれから
・第5分科会 開発教育をジェンダーレンズで見直そう
・第6分科会 開発教育ファシリテーション再考!
◎ふりかえり会/閉会式

▼主催:認定NPO法人開発教育協会(DEAR)
▼後援:文部科学省、外務省、環境省、消費者庁、国連広報センター、国際協力機構、東京都教育委員会、ESD活動支援センター、SDGs 市民社会ネットワーク、関西NGO協議会、国際協力NGOセンター、自治体国際化協会、ユネスコ・アジア文化センター(一部申請中)
▼参加申込み・お問い合わせ先:
認定特定非営利活動法人 開発教育協会(DEAR)
〒112-0002 東京都文京区小石川2-17-41富坂キリスト教センター2号館3階
TEL 03-5844-3630 FAX 03-3818-5940(平日10時-18時)
メール d-lab@dear.or.jp
http://www.dear.or.jp/event/d-lab2022/9671/
※定員制のプログラムは、事前予約制です。定員に達し次第、締め切ります。
※オンライン会議ツール(ZOOM)を使用します。接続環境や機器は予めご用意ください。